SEO

SEOにおけるインデクシングとは?

インデクシングとは

インデクシングとは?

インデクシングとはGoogleなどの検索エンジンがWebサイトを表示するまでの行程の1つで、

クローラーが集めた情報をデータベースに保存する作業です。

 

Webサイトというのはインデクシングの作業が終わらないと検索結果に表示されないため、

SEOにおいてインデクシングを意識している人は多いです。

SEOでは一般的にインデクシングはインデックスと呼ばれます。

インデクシングの意味

インデクシングとは、IT業界ではよく「Index(インデックス)」と呼ばれています。

SEO集客は検索エンジン経由でユーザーを集客します。

検索エンジンは、グーグルやヤフー検索エンジンが日本ではもっとも使われています。

今はヤフー検索エンジンでもグーグルのボットが使われているため、

検索エンジンとはグーグル対策になってきますね。

そしてグーグルに正しくサインを送っていくことが、SEO対策の入り口となります。

つまり、自社サイトの記事をもれなくインデックスさせることが、web集客を成功させる第一歩となるわけです。

インデクシングをwebで解説

では、インデクシングとは、具体的にどんな仕組みでグーグルに認識されるようになるのでしょうか。

インデクシングとは

インデックスのSEO効果

インデックス(インデクシング)はWebサイトを作り、ユーザーにサイトを訪れてもらうためには重要なものです。

いくら頑張ってコンテンツを作り上位表示を目指しても、インデックスがされていなければそもそも検索結果に表示されません。

これでは意味がいないので、作ったページがインデックスされて検索結果に表示されることが大事です。

サイト構成が複雑になっているとインデックスがされないことも起こってしまうこともあるため、インデックスがされやすい
ように対策はある程度しておいた方がいいです。

インデックスされやすくするための対策

インデックスがされやすいようにするためにできる対策をいくつかご紹介します。

クローラビリティを意識したサイト構造にする

インデックスされるためにはクローラーがページに巡回してこないといけません。

サイトの階層が深くなりすぎていたり、空の階層があるとクローラーが巡回しづらくなります。

そのため、階層は浅くしクローラーが迷わないようなサイト構造にしてあげましょう。

サイト構造はディレクトリ構造にすると良いと言われています。

プレスリリースを活用する

ドメイン開設当初は、エイジングフィルタの影響もあり、
ほぼアクセスは集まりません。

SEOに携わっている人間にはエイジングフィルタがあるので仕方ないか…
という認識でいられるのですが、他業種となると、新規ドメイン開設時はほぼアクセス数が来ない事実を知らずに
「やり方が間違っているのでは?」と思い込んでしまうケースも多いです。

よって、特に新規でドメインを開設した場合は最初はアクセスは集まらないものと扱っていただくと、
あわてることもないですね。

ただし、新規ドメインであっても既存の自社サイトであっても、
よりインデクシングを促す施策は積極的に行うべきです。

そのうちの一つが「プレスリリース」。

そもそもグーグルのクローラーは被リンクを辿る性質があり、インデクシング促進にプレスリリースは大変有効です。

では、どうしてプレスリリースがインデクシングの促進になるのか、
どうしてプレスリリースが被リンク獲得につながるのか、は以下の記事でも詳しくまとめています。

→プレスリリースは意味がない?コチラ

XMLサイトマップの作成

クローラー向けのサイトマップである、XMLサイトマップを作成して設置することで、クローラーが巡回しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です